不動産個人オーナーの方へ

  • 不動産を個人で所有しているけれど、一人では管理が行き届かない…
  • さまざまな賃貸トラブルを気軽に専門家に相談できる環境がほしい

個人で不動産を所有し賃貸業を行っている場合、さまざまな法的トラブルが発生して困惑する例があります。

以下で個人オーナーによくある不動産トラブルと解決方法をご紹介します。

 

1.家賃滞納問題

不動産を賃貸していると、どうしても家賃を滞納する賃借人が発生するものです。そういった際には、早急に適切な方法で回収する必要があります。

しかし個人で家賃回収を行っても、なかなか効果的に回収できないものです。ずるずると支払時期を引き延ばされて多額の滞納家賃がたまってしまうケースもあります。

 

2.明け渡しに関するトラブル

賃貸借契約を解除したのに、相手が出て行ってくれないトラブルも多々あります。

個人では訴訟手続きなどもなかなか利用しにくく、いつまでも物件内に居座られて損害が拡大していきます。

 

3.不動産の修繕問題

不動産を所有していると、どうしても傷んでくるものです。賃貸人には賃借人に対して物件を適切な状態で提供すべき義務があるので、物件が傷んだらすぐに修繕しなければなりません。

ただ、賃借人自身が破損した場合には賃借人に負担させるべきです。また修繕のために大家が物件内を確認しようとしても賃借人が立入を拒絶するケースなどもあり、トラブルが起こりがちです。

賃借人が、自分の持ち込んだ設備についてまで賃貸人に修繕を求めてくる例もあります。

 

4.近隣関係

不動産を賃貸しているときには、近隣関係とのトラブルにも注意が必要です。騒音を出す賃借人がいて近所から苦情が来るケースもありますし、ペットを勝手に飼われてマンション内で問題になる場合もあります。

大家としても適切な対応をとっておかないと、大家自身に責任が生じる場合もありますし、法的な責任がなくても物件の人気がなくなって集客しにくくなります。

 

5.不動産会社とのトラブル

個人で不動産経営をするときには、不動産会社に管理委託するケースが多数です。このとき、不動産会社との関係でトラブルになる例もあります。賃借人との間でトラブルが発生したときに不動産会社がきちんと対応してくれないので問題になることもありますし、不動産会社が敷金などを預かったまま逃げてしまう例もあります。

個人で不動産を所有されている場合、不動産経営についての各種のアドバイスを受けられる身近な弁護士が必要です。

弁護士であれば、上記のようなさまざまな問題が起こったときに即時に対処することも可能です。

不動産管理が個人の手に余るとお感じであれば、是非とも一度、弁護士までご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー